2018年2月19日 星期一

京都春行 夏恋花の京 下鴨神社Spring Travel in japan with summer flower blossoms in shimogamo-jinj

初夏躑躅醉下鴨,細石鋪墊御白砂,

獻燈且訴春不還,但感神社夏戀花。

下鴨鳥居櫻葉新,初夏棣棠仙尋金,

借花招徠神隱友,憑欄同為惜花人

Scenery in Shimogamo Shrine(shimogamo jinja), With cherry blossoms along the footpath in morning, Torii, Bridge and aqueduct compose the old Japanese Elegance style. With maple and Azalea blossoms along the footpath, Sazareishi(Aged rock) with lantern compose Japanese Elegance style. With Kerria, Fringed Iris, and  Japanese andromeda blossoms along the footpath, Shinto priests prepare for clear aqueduct compose the old Japanese Elegance style.



下鴨神社又名賀茂御祖神社,是和歌著名歌枕「糺すの森」之處。糺すの森有對說謊的人使之迷路的傳說。最有名的和歌是源氏物語・須磨篇的

「うき世をば今ぞ離るる留まらん名をばただすの神に任せて」

網譯詩為:

今別浮世留名否,清白只待神出頭。

京都春行 夏恋花の京   下鴨神社(1)躑躅細石夏戀花已作成影片,欲見請點這裏。本影片為細石與杜鵑花的特集。

京都春行 夏恋花の京   下鴨神社(2)櫻嬗棣棠神道心已作成影片,欲見請點這裏本影片為御手洗川與櫻花與山吹,暮春至初夏的特集。

這裡更是申餅(紅豆餡,外包紅豆沙調色的薄茜色麻糬皮,不甜不膩的點心)發源地。下鴨神社最適合早晨來,像是停車場的道標「鴨社」、糺すの森的杜若皆不遑多讓,值得細細品味。至御手洗川最上端,但見御手洗社波光粼粼,清淨的感覺油然而生,俳感
下鴨の 道標の朝 や鴨社



花照らす下鴨の 朝著莪哉



下鴨の 初穗の朝 馬酔木哉



 下鴨 御手洗川の  水澄む




下鴨  御手洗川の 水澄む




暮春初夏天來到這裡更有著名的細石(日本國歌石),怎見得?俳曰献灯と さざれの石の 躑躅春



さざれ石 献灯を友に 躑躅



さざれ石  友に  躑躅       夏恋花



さざれ石 躑躅を友に 夏恋花



献灯と さざれの石や 躑躅春



献灯と さざれの石や 夏恋花




青楓と 献灯を友に 夏恋花



さざれ石 献灯を友に 夏恋花



献灯と さざれの石と 千代の春




献灯と さざれの石の 夏恋花



献灯と さざれの石や 躑躅



さざれ石 献灯を友に 躑躅春



献灯の さざれの石の 千代の春



献灯 さざれの石 千代の春



さざれ石 献灯を友に 千代の春




献灯や 躑躅を友と さざれ石



澄懷詩云初夏躑躅醉下鴨,細石鋪墊御白砂,獻燈且訴春不還,但感神社夏戀花。




暮春,進到輪橋鳥居處可見「光琳之梅」早已發新葉,正是櫻雲飛花時,隨季節遞嬗初夏,在八重山吹盛開(棣棠花)的春天最是美麗,忍不住多拍幾張。由春至夏俳感下鴨咲く鳥居水鏡



下鴨の 橋桜咲く 川の春



下鴨を 心に水の しむ身哉



下鴨や 橋咲く桜  水鏡



朝や咲く 霞桜緋雪の 加茂の春」這是本殿櫻花時節最好的角度,個人還是覺得下鴨神社同松尾大社及安井金比羅神宮般,較適合山吹(棣棠)花開時節造訪。


細殿や 朝桜咲く 春惜しむ




下鴨の 朝桜咲く 春惜しむ



下鴨の 朝桜咲く 鳥居春



隨著季節遞嬗至初夏,山吹也取代了櫻花的粉霞,襯著新綠,成就了燦燦的金黃,澄懷詩云下鴨鳥居櫻葉新,初夏棣棠仙尋金,借花招徠神隱友,憑欄同為惜花人



八重咲きに 下鴨鳥居 の山吹


山吹を さし出し皃の神の道



山吹を さし出し皃の 紅欄干




山吹を さし出し皃や と灯籠




さらさらと山吹清し八重の音



紅欄干 の八重咲けり 濃山吹



山吹の 下鴨鳥居 や神道



山吹を さし出し皃の鳥居哉




賀茂鳥居 の八重咲けり 濃山吹



神道の 山吹咲けり 通りゃんせ



濃山吹 の八重咲けり 通りゃんせ



濃山吹 の八重咲けり 神の道



濃山吹 の八重咲けり 紅欄干



賀茂鳥居 の八重咲けり 花万朶



輪橋の 山吹咲くと 散る桜


下鴨の 山吹咲くと 散る桜



山吹の 下鴨咲くと 川の春



下鴨の 山吹咲くと 千代の春



下鴨の 山吹咲くと 春の川




橋の影も緋はぬ水鏡



橋の影も緋はぬ水鏡



濃山吹影も金はぬ水鏡



さらさらと山吹清し川の音



山吹や影も金はぬ水鏡



偶見神道職人著白色巫服,為御手洗川洗藻,刷洗的同時也如同清淨內心。俳感水青し 洗いて清し や神道



藻掃除 洗いて清し 水青し




水青し 洗いて清し 巫掃除



巫掃除 洗いて清し 水青し 



神道や 洗いて清し 水青し




下鴨神社(しもがもじんじゃ)の名前を正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」とよびます。『源氏物語』では源氏が須磨に流されるとき「憂き世をば 今ぞ別るるとどまらむ 名をば糺の神にまかせて(辛い世の中を今こそ離れるが、都に残る自分の噂の真偽は糺の神に委ねます)」と詠んでいます。糺の森の「糺」とは「偽りを糺す」という意味。森の名前の由来はほかにも諸説ありますが、神様が住む森としてふさわしいと思います。初夏に新緑の包まれて小ぶりな黄色い花を枝いっぱいに咲かせる山吹。その美しさは古くから日本人に愛され、『万葉集』の歌にも詠まれてきました。下鴨神社では、境内を流れる御手洗川の畔や、王朝文学にしばしば登場する由緒ある神社で、ゆっくりと花を愛でるひとときを過ごしてはいかがでしょう。境内のいたるところで躑躅の花が見られます。花の観賞はさざれ石付近がおすすめです。馬酔木(アセビ)は日供御料初穗献備が見られます。著莪(射干)は境内の糺すの森花畠が見られます。

文字內容皆原創,若有興趣還請按暫停細細品味,迷人動聼精彩音樂好視頻的片段值得大家分享,務求看得舒服為目的但利益仍歸音樂藝術家和攝影藝術家。
遊記文章請見~~https://cristaljuan01.blogspot.com/2017/12/nisonin-temple-maple-in-early-autumn-on.html
更多精彩的攝影作品(無題字及簽名檔)請見以下網址~~https://www.shutterstock.com/zh/g/fang%20chunkai

整體而言,在這短短的路段就包含了相當多的看點,像糺すの森御手洗川さざれ石及輪橋週邊等,美好的事物還是要及時享受,您說是否?我之所攝,心之所見,滌癒人心,意味深遠,進入這攝影與詩歌交織成的視界,願你帶回滿滿的感動...完 

京都春行 夏恋花の京 下鴨神社Spring Travel in japan with summer flower blossoms in shimogamo-jinj

初夏躑躅醉下鴨,細石鋪墊御白砂, 獻燈且訴春不還,但感神社夏戀花。 下鴨鳥居櫻葉新,初夏棣棠仙尋金, 借花招徠神隱友,憑欄同為惜花人 。 Scenery in Shimogamo Shrine(shimogamo jinja), With cherry bloss...