2019年3月24日 星期日

京都春行 桜色の六孫王神社と夜桜吹雪(花吹雪月太鼓橋)Spring Travel in Japan with Cherry Blossoms in Rokusonnojinja Shrine

夜櫻吹雪紫霞霰,一年能得幾日看,

迎宵燈籠太鼓橋,神社參道春爛漫。

Nison'in Temple is a famous Buddhist Temple in Kyoto, The " Koyo no baba" means "Autumn leaves Racecourse" called this place. Black door, bell tower  and Sumi nokuraryoi statue is famous here. Beautiful autumn scenery of colorful maple foliage in Japan November, Asia.



京都的雅,情調高雅,美得從容悠然,是為風雅。而六孫王神社的美意識是漸層的,隨著暮春步入初夏,花期由鳥居參道漸入本殿,即便格調很高,但不會讓人有拘束感,春宵雨後的石鳥居、鳥居參道、神龍池、太鼓橋(恋の架け橋)、睦弥稲荷社、弁財天社、石疊、紫藤與各色棠質的滿開櫻花及其櫻吹雪,演繹著日式和風獨特的侘寂、物哀及幽玄感。並透出一種令人懷念的日式寧靜安詳--花靜か。在這個櫻名所,把日本最具代表的春季風物詩全收入影片中,佐以詩歌俳賦,創作出京都暮春櫻吹雪那雋永典雅動人且意蘊深遠之作。我說,看遍YOUTUBE相關影片,還沒人能將六孫王神社拍出這樣的美感。


六孫王神社供奉著清和天皇第六皇子源経基,最有名的和歌自是其在拾遺和歌集第686番的

「哀とも 君だに言はゞ 戀侘て 死なむ命も 惜しから無くに」網譯詩為:


真是悲哀,你所講的。不過單相思,為其生死,皆不足惜。

京都春行 桜色の六孫王神社と夜桜吹雪(花吹雪月太鼓橋)已作成影片,欲見請點這裏


▼早櫻時期,春夜造訪神社首先的見到鳥居與打著光的紅燈籠配上櫻吹雪的六孫王神社景致更另人留連忘返!櫻花更《源氏物語》女主角紫姬的代表,深深牽繞著源氏公子的心怎見得?清遊鳥居惜春宵,紅燈籠引唐門遙,銀光朦朧櫻馠霞,神社花嵐夢浮橋。




花氣連雲收暮雨,初嵐鳥居太鼓橋,神社是中有深趣,夜櫻吹雪惜春宵。




神社參道櫻吹雪,鳥居花氣動客心。太鼓橋前興感同,燈籠引道是唐門。





花吹雪 六孫王神社の 鳥居哉





六孫王神社や夜花吹雪の鳥居



鳥居や六孫王神社の夜花吹雪






六孫王神社為隱密的櫻穴場。神社占地面積不大,造訪時櫻花滿開,續往前走參道被滿滿的各種櫻花包圍,彷彿形成一條櫻花隧道,連接著太鼓橋,櫻花用絢爛的風姿守護著牡丹神紋的六孫王神社。澄懷詩云雨後神社太鼓橋,參道石疊惜花晚,夜嵐欲起猶憐春,櫻雲燈籠看不厭。




太鼓橋前赤燈籠,神社參道盎仙風,一道夜嵐驚花色,夜櫻吹雪芳霏瓊。





夜櫻吹雪紫霞霰,一年能得幾日看,迎宵燈籠太鼓橋,神社參道春爛漫。






六孫王神社暮春寒,時值花宵春嵐始動,清明雨後夜櫻吹雪,在夜間著重於古樸雅緻的石鳥居建築,配合漫天櫻吹雪點綴着神社池橋的寧靜,漫步神社參道太鼓橋時,感受櫻花春林粉染之美感,駐足櫻花下,聆聽花瓣摩挲的天籟之音,讓櫻花更多入鏡澄懷俳曰六孫王神社太鼓橋や春雨後




六孫王神社花吹雪や太鼓橋




六孫王神社や太鼓橋花吹雪




紅燈籠搭配著薄花櫻色的吉野櫻吹雪,顯得婀娜多姿,更為浪漫。參道旁邊的睦弥稲荷社前有一排鮮紅色的鳥居,在櫻吹雪的陪襯下,相當美麗。澄懷俳曰睦弥稲荷社や花吹雪天下





鳥居參道櫻頃嵐,燈籠赤浥銀光霰,睦彌稻荷社吹雪。但見貊犬嘆春晚。





觀紅燈籠、朱漆鳥居短參道及稲荷社,感受和歌情愫的暮春意境,新幹線呼嘯而過的光影下的弁財天社櫻花吹雪鋪灑到濡濕的古樸參道石磚上,如夢似幻。澄懷詩云燈籠銀浥誕生水,堪憐春嵐花爛漫,櫻穠粹極石鳥居,始信微醉由天然。





在這裡、沒有滿溢的人群、只有滿開的櫻花與花吹雪。沒有喧鬧的塵囂、只有寂靜的神社美景,盡享幽玄侘寂的美感。澄懷俳曰懐かしき 六孫王神社や 花吹雪




旁邊則有京都名水的誕生水-弁財天社,被當作年幼的孩童之守護神而供奉著。六孫王神社弁財天社後面就是JR鐵道!在新幹線呼嘯而過的聲音中欣賞櫻吹雪美景也是難得的經驗。澄懷詩云石疊雨後滿庭柯,夜櫻吹雪萬玉娥,倏忽一過新幹線,述懷六孫王神社。





下垂的櫻花於和鳥居相映的朱橋旁招展,櫻吹雪的花瓣飄於朱橋之上,極具風情詩意。走過朱橋,通過三鳥居,浸透於櫻吹雪爛漫的氛圍中。澄懷俳曰なつかしき 六孫王神社の 花吹雪






花期值末,在參道盡頭回頭一觀,九重櫻花,吹雪染殘月,參道燈籠在其中,映著月光燈光東方晨光此三光,令人陶醉地取景構圖並樂此不疲。澄懷詩云夜來橋前臥醒。粉櫻吹雪。滿人矜袖。疑如濯魄於朝月夜。




花吹雪朝月夜や太鼓の橋





此時此景的太鼓橋令人想起源氏物語最有名的終章宇治十帖最終回「夢浮の橋」,即便此處為祭祀清和源氏而非小說中的源氏一脈,但美景令人述懷花朝月夜や夢浮の橋




紅灯籠や花吹雪朝月夜




是誰錯落娑婆界。風懷嫣然春綽約,太鼓橋醉燈影畔。夜櫻吹雪朝月夜。




搭配充滿和風氛圍的朱橋與朱漆鳥居、赤燈籠圍繞,成為一幅唯美的平安京風雅景致。紅燈籠在滿開櫻花樹下濃厚的和風氛圍,讓人覺得十分嚮往。八重櫻《源氏物語》紫之上的代表,如同濃艷的八重櫻,將日本艷麗典雅的風情,凝聚在自己的身上為源氏理想的影射六孫王神社や雨後花曇り





身為京都十六社御朱印めぐり的神社之一,境內的滿開櫻花相當壯觀,澄懷六孫王神社,爛漫八重櫻枝低,寒微暖醉石燈籠,雨後猶憐百花膩。




太鼓橋與朱橋相映的景致,也是六孫王神社的主要景色 。灯籠や六孫王神社の春





除了門前的石鳥居的染井吉野及八重紅枝垂以外,二之鳥居及太鼓橋的九重櫻及御衣黃亦為拍攝重點。神社雨後や八重桜と御衣黄





八重桜や曇り雨後紅灯籠






更晚還有紫藤可以欣賞,若有來東寺參觀的人不要錯過順遊這個景點。八重桜や雨後紅と石灯籠




灯籠や八重桜咲き誇りけり





紫藤花為《源氏物語》藤壺的代表,如光芒普照般耀眼的源氏的初戀,是他終生不斷追尋的殘影。而此處的籐花初綻,藤波尚短初藤波正《源氏物語‧朔風》源氏的女兒明石皇后的代表澄懷俳曰藤波今咲きにけり唐門香





在櫻吹雪下,藤波日漸成熟,正如明石皇后幼時在紫之上的悉心教導下成為理想的女子般。蹁躚櫻霞吹雪空,猶憐紫藤馠露濃,六孫王神社唐門。古窗薄醉沈宿夢。




幾許花瓣飄零而下,倏而神社的鈴鐺聲又響起,打破侘寂的藤波花景又回歸沉寂,這就是禪意春意交融渲染獨有的含蓄之美,也是品味「時時回首靜觀心,原來退後是向前」那更深更玄奧的領悟。窗明唐門朝爛漫。紫藤初露香催綻,一任霏櫻遣吹雪,始信微醉由天然。



暮春的六孫王神社終曲,紫藤花初綻,伴隨著本殿燈光,偶來幾縷紫藤的幽香。迴蕩在神社內櫻花林間。看古樸木門與切妻造,感受古老的時光印記。透過燈光的照射顯得格外迷人,視覺上頗為震撼。唐門や藤波の今朝濃紫の香





人生無常,有順亦有逆,在順逆兩極中,取中正,則最佳。稱之為中庸,也稱中和之美。唐門や藤波の雨後窓明かり




超脫侘寂含蓄,重新感受中庸和諧,此行不虛。今だけは 降り続けてよ 花吹雪



唐門や雨後藤波朝濃紫香



神社やふと立ち止まる花吹雪




唐門古今咲きにけり初藤波



唐門古今咲きにけり紫藤明り




我か袖は濡るにけり紫藤の今朝



藤咲ける袖も夜明くる唐門香



薄く濃く香や六孫王神社




唐門の垂れ暗香紫藤かな




紫の 六孫王神社 藤波かな



花吹雪や初藤波の濃紫香



花吹雪後濃香藤波花盛り



花吹雪や雨後藤波濃紫の香



桜か藤か 我が決断 春の日か



神社やふと立ち止まる花静か



花吹雪や藤波の今朝濃紫の香



花吹雪後藤波今咲きにけり



なつかしき花吹雪後初藤波



藤波の朝花吹雪や濃紫の香



整個境內雖然只有數十株櫻花,但是種類繁多不乏珍稀種,是個早開遲開皆宜造訪的櫻名所。花曇り雨後や六孫王神社



六孫王神社は清和源氏発祥の宮、源経基の長子である満仲が、父を祀るため創建。清和源氏の祖である経基を祭神とするため「清和源氏発祥の宮」と称している。経基は、清和天皇の第六皇子の孫であることから「六孫王」と呼ばれ、これが社名の由来。守護神、出世開運、家運隆昌などの御利益があるとされる。六孫王が牡丹を特に愛でたそうで、そのため、神社の神紋が牡丹になっています。

ここは隠れ桜名所で境内には桜が多い。雨後に華やぐ風情ある桜の六孫王神社の春宵の彩り。春に神龍池を中心に美しく桜が咲き、池の水面や境内に桜が舞い散る光景も風情ていました。

参道と太鼓橋や紅燈籠灯りの夜は、シダレザクラやソメイヨシノなどは満開ていました。六孫王神社の春4月は一重や八重、白や紅色のソメイヨシノや紅枝垂桜などの桜が神龍池を囲むように美しく咲き揃います。神龍池を跨ぐ太鼓橋の畔で鬱金(うこん)桜が黄緑色の八重の花をさかせます。赤い燈籠が華やかな桜吹雪を共演の春宵は完美します。

二の鳥居から桜が広がっています。やはりこの眺めは夜空と花吹雪で見たかった感が強いです。

神龍池は、御衣黄桜、枝垂れ桜や染井吉野ど八重の遅咲きサクラ。桜が多く植樹され、中には珍しい御衣黄(ぎょいこう)と鬱金(うこん)などのサトザクラもあり、隠れ桜スポットかもしれません。

睦弥稲荷社の赤い鳥居と狛犬に映える雨後に揺らぐ桜吹雪です。優雅に咲き誇った桜が境内を春宵に彩ります。

花筏と誕生水弁財天社は、六孫王の長男である源満仲が産湯に使うため建てられたと云われ、京都七名水の「義仲誕生水」が湧きでています。京都駅にほど近くに位置している神社です。境内北隣の高架を新幹線がひっきりなしに通り、昔は東海道新幹線の高架下にあり、移転に伴い同じ水脈を掘り探したそうです。浄域との落差が印象的ですが、境内は落ち着いています。弁財天社の前には朱色の橋が架かり、神龍池が本殿前まで続いています。咲き誇る満開の桜が石の鳥居や雨に濡れた風情ある石畳を覆う桜の桜のシーズン後半は橋の上にも桜の花弁が散り、花吹雪の美しい春宵光景。

春宵雨後の鳥居の花吹雪、満開の桜の下で境内参道が多彩に染まりました。朝の藤波は僕にとっては懐かしい出会い。六孫王神社の素晴らしい雨後の桜吹雪と春宵の情景に感謝です。

文字內容皆原創,若有興趣還請按暫停細細品味,迷人動聼精彩音樂好視頻的片段值得大家分享,務求看得舒服為目的, 但利益仍歸音樂藝術家和攝影藝術家。

更多精彩的攝影作品(無題字及簽名檔)請見以下網址~~https://www.shutterstock.com/zh/g/fang%20chunkai

整體而言,在這短短的路段就包含了相當多的看點,像朱橋太鼓橋、紫藤、櫻花、朱漆鳥居赤燈籠及庭園等,美好的事物還是要及時享受,您說是否?我之所攝,心之所見,滌癒人心,意味深遠,進入這攝影與詩歌交織成的視界,願你帶回滿滿的感動...完 

京都春行 桜色の六孫王神社と夜桜吹雪(花吹雪月太鼓橋)Spring Travel in Japan with Cherry Blossoms in Rokusonnojinja Shrine

夜櫻吹雪紫霞霰,一年能得幾日看, 迎宵燈籠太鼓橋,神社參道春爛漫。 Nison'in Temple is a famous Buddhist Temple in Kyoto, The " Koyo no baba" means "Au...