2018年2月24日 星期六

京都春行 桜色の上御靈神社(春櫻友神人)Spring Travel in japan with cherry blossoms in Goryo Shrine

芭蕉參詣頌,神社上御靈,

半日神亦友,年忘復雲櫻。

Spring scenery of Kamigoryo(Kamigyo) Shrine , Kagurazu(Dance boll), lantern sign , Maidono (Dance Hall), Cherry blossoms, Royal pattern and Priests' quarters compose thel old Japanese Elegance style.


上御霊神社是和歌著名歌枕「御霊の森」之處。最有名的俳句是松尾芭蕉的

「半日は神を友にや年忘れ」譯詩為:

共渡半日啊,神也成為朋友啦,年忘會。
簡潔的洗練的辭彙始終如一。

京都春行 御靈神社(春櫻友神人)Spring Travel in japan with cherry blossoms in Goryo Shrine已作成影片,欲見請點這裏

上御霊神社前址為廢棄的出雲寺,而後供奉早良親王,時因途中絕食而死,後來化為怨靈降禍平安京。因此桓武天皇設立御靈神社來平息。而後這裡更是發生應仁之亂(応仁の乱勃発の地),很多日本人皆認為東軍將御霊の森作為陣地,才造成了日本當地戰國時代之濫觴。時隔223年,當俳聖松尾芭蕉以諧俳做為奉納時,冬天的上御霊神社,似乎也在時間的流逝中得到和解,作出百世流芳的名句,「半日は神を友にや年忘れ」,時過時327年,換我來到這裡(加起來剛好550年),看到了神社上的芭蕉石碑,卻也興起了彌補芭蕉祭在冬天的缺憾,就將他的名句改成春天的季語致敬如何,看向神樂殿旁創社1200年的糸櫻,內心卻也躍躍欲試,怎見得?澄懷俳曰「春思は神を友にや花万朶」



「春惜しは神を友にや糸桜」



「酔人は神を友にや糸桜」


「春思は神を友にや神楽堂」



「華神楽は神を友にや糸桜」



「酔人は神を友にや花万朶」



「絢爛は神を友にや花雲野」


「酔人は神を友にや千代の春」



「花空は神を友にや神楽殿」



「春惜しは神を友にや花雲野」



「献灯は神を友にや糸桜」



「神楽思は神を友にや花万朶」



「献灯は神を友にや花雲野」



「灯籠は神を友にや糸桜」



「春思は神を友にや神楽殿」


「酔人は神を友にや花雲野


澄懷詩云芭蕉參詣頌,神社上御靈,半日神亦友,年忘復雲櫻。



「花空は神を友にや神楽堂」



「幽玄は神を友にや神輿鈴」



「侘寂は神を友にや神輿鈴」一般而言作俳句不會直接寫出侘寂,但是芭蕉先生確實值得這個評價,所以致敬時我就欣然地使用啦~!


此外東樓門在春曇(春陰天)時最更見櫻花如雲,空氣中飄來雲淡風清的櫻花氣息,忍不住多拍幾張。俳感「春惜しは神を友にや昔今」


來到土藏處、菊紋及吉野櫻互相配搭皆不遑多讓,這裏更是繪馬堂及古戰場的最佳攝點,值得細細品味。俳感「思神楽は神を友にや花万朶」


「侘寂は神を友にや曇桜」



「幽玄は神を友にや曇桜」



「侘寂は神を友にや千代の春」



「春土藏は神を友にや雲桜」



「春土藏は神を友にや桜雲」



「菊紋は神を友にや花万朶」



菊紋は神を友にや千代の春」


「菊紋は神を友にや桜雲」



「菊紋は神を友にや雲桜」



「曇桜は神を友にや神楽殿」



「花雲は神を友にや昔今」



「菊紋は神を友にや春庫裏」



「菊紋は神を友にや土藏の春」


「菊紋は神を友にや花雲野」



「幽玄は神を友にや千代の春」



「幽玄は神を友にや花雲野」


「侘寂は神を友にや花万朶」



「春土藏は神を友にや花万朶」



「春土藏は神を友にや花雲野」




最後走出神社,見町上花桃正盛開,俳曰「花桃は神を友にや町の春」




「花桃は神を友にや春町日」


神霊を鎮めるために桓武天皇の勅願により造られた平安時代の御霊社のひとつ。政争で非業の死を遂げた高貴な方々の神霊を祀る御霊信仰の中心で、崇道天皇(早良親王)や橘逸勢など非業の死を遂げた八柱の神霊を祀る。畠山政長が陣をしき、応仁の乱の火蓋を切った場所でもあり、境内には「応仁の乱勃発地」の石碑が残る。 上御霊神社は有名な歌枕「御霊の森」があります。 最も有名な俳句は松尾芭蕉"半日は神を友にや年忘れ"簡潔で簡潔な語彙。 俳聖松尾芭蕉の俳句上御霊神社で奉満足し、和解を得るために時間の経過を思わ、「半日は神を友にや年忘れ」どのように、日付のうち327年、私がここに来た(正確に550年まで追加)のために、神社に松尾芭蕉句の石を見たとき、だけでなく、冬で芭蕉祭り欠乏の上昇を補うために、それは冬の季語に彼の有名なフレーズになります、次の神樂殿を見て、創祀千二百記念の糸桜咲く、春季語俳句熱心に試して。

文字內容皆原創,若有興趣還請按暫停細細品味,迷人動聼精彩音樂好視頻的片段值得大家分享,務求看得舒服為目的, 但利益仍歸音樂藝術家和攝影藝術家。

更多精彩的攝影作品(無題字及簽名檔)請見以下網址~~https://www.shutterstock.com/zh/g/fang%20chunkai

整體而言,在這短短的路段就包含了相當多的看點,像土藏、神樂殿、繪馬堂及社外的花桃樹等,美好的事物還是要及時享受,您說是否?我之所攝,心之所見,滌癒人心,意味深遠,進入這攝影與詩歌交織成的視界,願你帶回滿滿的感動...完 
張貼留言

京都紅葉 錦秋の竹林寺(淇奧錦楓紅頂道)Autumn Leaves in Kyoto Kamitakano Area Chikurinji Temple

竹林寺丹楓,輝映共紅頂, 步屧憺忘歸,苔庭暖秋晴。 Chikurinji Temple with a Red Roof surrounded by momiji in Kamitakano Area. Just like some other Small Temples ...