2018年4月10日 星期二

京都春行 桜色の大覺寺Spring Travel in japan with cherry blossoms in Osawa no Ike Pond in Daikakuji

大覺寺觀古池庭,遙想嵯峨櫻水鏡,

樹罅花影山述懷,心經寶塔今昔映。

Daikakuji Temple is a famous Buddhist Temple in Kyoto, Scenery of cherry blossoms trees along the footpath, Beautiful Bridage, Main hall and Shingyo Pagoda reflected in the Pond(Osawa no Ike) is Japan aesthetic wabisabi style.Shingyo Pagoda is a famous scenic spots in saga area in Daikakuji Temple pond. Boats and cherry blossoms reflected in the lake.


大覺寺有著1200年悠久歷史的,昔為嵯峨天皇的離宮,舊名嵯峨御所,常作為時代劇的場景,之前秋季造訪時紅葉及嵯峨菊遍佈,走在寺廟的「村雨的渡廊」上感受散發的唐韻(詳見

京都秋行(大覺寺)已作成影片,欲見請點這裏。),春季造訪時,在寺門、大澤池及放生池的步道上,可見佛塔枯荷與櫻花鏡映。大覺寺也是和歌著名歌枕「名古曽の滝」遺跡之處。最有名的和歌是百人一首第55番藤原公任的

滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞えけれ」網譯詩為:

不聞流水聲,瀑布久無源。
水盡名難盡,至今天下傳。

京都春行  桜色の大覺寺大澤池1(山水鏡映古池櫻)已作成影片,欲見請點這裏

京都春行  桜色の大覺寺大澤池2(暮寺門霞櫻水鏡)已作成影片,欲見請點這裏


▼沿著參道觀看寺前庭,躑躅石橋櫻花相伴隨,俳感「嵯峨古今の大覚寺や春躑躅

▼「嵯峨古今薄花桜の石橋

▼「午後桜や大覚寺の春日和

▼「春日和や大覚寺の午後桜


▼走在大澤池步道上,映入眼簾就是滿滿的櫻花及「名古曽の滝」石碑,佐以春光池景,古意盎然,怎見得?俳感「嵯峨古今大沢池の石碑春


▼春天的寺門正值櫻花滿開,尤其在黃昏時更透著春惜的韻味,逆光時別有一番風情,最是美麗,忍不住多拍幾張。怎見得?澄懷詩云「夕暮遊步觀寺庭,述懷嵯峨御所櫻,想見欣逢歲有春,寺門餘暉古今映。


▼俳感「寺門古今や大覚寺の春日和


寺門古今や大覚寺の花雲野


春日和大沢池の嵯峨古今


▼「日は花に暮てさびしや寺門春


▼「嵯峨春は桜に明て寺門の暮


▼「猶見たし花に明行寺の暮


▼「春惜しむ 光のどけき 寺の暮


▼「寺門の古今春暮薄花桜


▼「寺門古今桜の暮大覚寺


▼「大覚寺門古今や桜の暮


▼「大覚寺門の古今や桜暮


▼沿著步道進入大澤池的放生池區,觀看心經寶塔的水鏡感,秋天的放生池處有著「真紅の水鏡」的美名,而在春天則成為了「桜雲水鏡」,怎見得?澄懷詩云「大覺寺觀古池庭,遙想嵯峨櫻水鏡,樹罅花影山述懷,心經寶塔今昔映。


▼俳感「心経宝塔や桜水鏡


▼「心経宝塔や桜花雲野


▼「桜水鏡や心経宝塔


▼「池や心経宝塔花雲野


▼「心経宝塔桜水鏡


▼「心経宝塔桜水鏡」直幅版


▼「多宝塔や放生池の影桜


▼「多宝塔や放生池の桜午後


▼「嵯峨古今宝塔桜水鏡


▼「多宝塔や桜雲の水鏡


▼「桜水鏡嵯峨宝塔古今

▼「桜水鏡の春や多宝塔


▼「多宝塔や桜水鏡の春


▼「木漏れ日は多宝塔と桜影


▼「水鏡宝塔桜嵯峨古今


▼在大澤池步道南起點有一泊舟處望雲亭,櫻花鏡映池舟倒影相當有風情,俳感「嵯峨古今大沢の池花と舟


▼黃昏彩霞時更覺春惜的韻味,湖霞櫻舟鏡映花吹雪時別有一番風情,煞是美麗,怎見得?澄懷詩云「夕暮遊步觀池庭,述懷嵯峨御所櫻,花氣連雲收暮雨,大澤池薄櫻水鏡。


▼「夕暮信步觀池庭,述懷嵯峨御所櫻,花氣連雲收暮雨,大澤池櫻舟鏡映。


▼「臥醒古池暮春夜,嵯峨御所昔今別,雅風古韻今猶存,大澤池泊櫻吹雪。


▼俳感「霞桜の水鏡や池の舟


▼「大沢池舟や桜水鏡


▼「桜水鏡や池の舟の暮


▼「暮れの池薄花桜水鏡


▼「暮れの池舟薄桜水鏡


▼「池の舟や霞桜の水鏡


▼「旅に霞で梦は桜をかけ廻る


▼「旅に緋で目染は桜をかけ廻る



▼步屧於大澤池南側步道有著最佳景緻,日本最古老的人工池泉,京都內唯一能見到櫻花與山水畫結合的地方就是這裡,背倚高雄山,中間點綴多寶塔、紅橋及櫻花,偶來輕鴨就春水,從早晨到下午皆有不同風韻,值得細細品味,怎見得?澄懷詩云「大澤池彷湖洞庭,寺晴大覺櫻水鏡,淺雲高雄山微笑,嵯峨山水昔今映。


▼俳感「嵯峨古今桜水鏡や山水画


▼「嵯峨古今池の桜や五大堂


▼「五大堂嵯峨の古今池の桜


▼「池の午後薄花桜嵯峨古今


▼「嵯峨古今池の午後薄花桜


▼「嵯峨の午後大沢の池花筏


▼「多宝塔や水戸の桜水鏡


▼「嵯峨古今薄花桜山水画


▼「池の午後薄花桜水鏡


▼「午後の池薄花桜水鏡


▼「嵯峨古今薄花桜池の午後


▼「池の朝薄花桜水鏡


▼「白雲は底吹くの春沢の波


▼「山水画の春や大沢の池


▼「花雲は底吹くの春沢の波


▼「桜や大沢の池残荷の春


▼「橋や大沢の池桜水鏡


▼「山水画大沢池の水鏡

▼「山水画大沢池の春日和


▼「春の山水画や大沢の池


▼「天地一紅橋や春の池

▼「花雲野大沢池や橋の春


▼「花雲野大沢の池高雄の丘


▼「大沢の池笑や高雄丘の春


▼「多宝塔の桜雲や池の波


水鏡心経宝塔や桜


▼「桜や心経宝塔池


▼「多宝塔大沢の池午後の桜


▼「多宝塔の桜の池二羽の鴨


▼「多宝塔大沢の池花雲野


▼「多宝塔大沢池の鴨の春


▼「花万朶大沢の池嵯峨古今


▼「嵯峨古今大沢池の午後桜


▼「花の午後大沢の池波古今


▼「花の午後大沢池の波古今


▼「嵯峨古今大沢池の花や舟


▼「山笑う大沢池の山水画


▼「池の紅橋や桜水鏡


▼「大沢の池午後高雄の丘笑う


大覚寺(旧嵯峨御所大覚寺門跡) は嵯峨天皇の離宮嵯峨院を嵯峨天皇の皇女の正子親王が大覚寺と改めたもので真言宗大覚寺派の本山です。「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ」と藤原公任によって百人一首に詠まれた名古曽の滝跡がある名勝。五大堂からは、大沢池を眺めることができます。不思議と心が落ち着きます。
大覚寺の東には大沢池、大沢池平安時代に中国の洞庭湖を模して造られたという日本最古の人工の苑泉・四季折々の山水画景色景色が美しい大沢池が広がります。大沢池は周りに植えられた桜が、大沢池の春は水面を取り囲むように桜が咲き揃い、水鳥が泳ぐのどかな光景が広がります。島に架かる橋の赤い欄干や心経宝塔(多宝塔)を取り込んでカメラを向ける人が並びます。春の夕暮は桜色に染まる春はことのほか美しく、池の水際を彩る桜並木は、なかでも、水面に映り込んだ桜と桜の光景はこの世のものとは思えないほどの美しさです。


文字內容皆原創,若有興趣還請按暫停細細品味,迷人動聼精彩音樂好視頻的片段值得大家分享,務求看得舒服為目的, 但利益仍歸音樂藝術家和攝影藝術家。
遊記文章請見~~https://cristaljuan01.blogspot.com/2017/12/nisonin-temple-maple-in-early-autumn-on.html
更多精彩的攝影作品(無題字及簽名檔)請見以下網址~~https://www.shutterstock.com/zh/g/fang%20chunkai

音樂                           「花扇」「雅男」「縁~うた恋い」,演出者:千世子 超譯百人一首歌之戀 源氏物語千年紀(iTunes

整體而言,在這短短的路段就包含了相當多的看點,像放生池、大澤池、五大堂及寺門等原嵯峨御所的格局以及大澤池放生池的櫻水鏡楓襯出侘寂、幽玄及物哀意境,美好的事物還是要及時享受,您說是否?我之所攝,心之所見,滌癒人心,意味深遠,進入這攝影與詩歌交織成的視界,願你帶回滿滿的感動...完 
張貼留言

京都紅葉 錦秋の竹林寺(淇奧錦楓紅頂道)Autumn Leaves in Kyoto Kamitakano Area Chikurinji Temple

竹林寺丹楓,輝映共紅頂, 步屧憺忘歸,苔庭暖秋晴。 Chikurinji Temple with a Red Roof surrounded by momiji in Kamitakano Area. Just like some other Small Temples ...